2017年09月30日

季節感

今日で9月も終わり、明日は衣替えの十月です。
気が付けば蒸し暑さは遠のき、
朝晩は長袖のカーディガンが必要なほど寒さを感じます。

今日の精進料理にも、秋の食材がたくさん使っています。
栗、くるみ、きのこ、かぼちゃ、ぎんなん。

春菊とにんじんのくるみ白和え
DSC_9141.JPG

カボチャの胡麻みそ煮
DSC_9139.JPG

きのこの栗和え
DSC_9142-1.jpg

「秋ですね。」
「春菊のくるみの白あえがおいしいですね。」
「季節の移り変わりを感じます。」

生徒さんたちはそろぞれの中に季節感を持っています。
料理から安らぎを感じていると思います。

ご馳走様です。
今日の精進料理.jpg
posted by 寺庵 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年09月29日

秋のあんこ玉

栗の入ったあんこだま、
くりのあんこ玉.jpg
お彼岸に作ったおはぎのあんこが残っていたので
栗をゆで、刻んであんこに混ぜます。
丸めてお団子を作ります。

しゃれた名前が思いつかず、
“秋のあんこ玉”
もう少し考えて
衣被(きぬかづき)


今年は晴れるといいですね。
posted by 寺庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年09月28日

秋深まる季節の精進料理

今日は秋が深まる精進料理を作りました。
きのこの栗和えは栗の皮をむくことから始めます。
栗.jpg
栗の皮がかたいので、慎重にむきます。
なぜなら、よく切れるので、手を滑らせては危険だからです。

次にゆでた栗をすります。
まるでお菓子を作るような感じです。
栗をする.jpg
きのこの煮たものと銀杏を栗で和えて出来上がりです。
きのこのくり和え.jpg

春菊の胡桃白和えは、
春菊の胡桃白和え.jpg
胡桃の和え衣が春菊といつもの胡麻和えと違い、
ボリュームがあります。

生徒さんは、きのこの栗和えはきのこと栗のバランスが良く、
とてもおいしいとの感想です。
そして今日はきのこがたくさんあり、かぼちゃもあったので
つくづく秋だと感じたそうです。
カボチャの胡麻みそ煮.jpg

今日の精進料理.jpg

ご馳走様です。


posted by 寺庵 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 精進料理教室

2017年09月27日

うつわ展に行く。

駒込にある「ギャラリーKAI」では
今月23日から30日まで
「武田千秋 うつわ展」が開催されています。
DSC_8182.JPG
武田千秋さんは、山形在住の陶芸家です。
柔らかな、手に馴染むうつわ。

DSC_8159.JPG

DSC_8165.JPG

DSC_8163.JPG

DSC_8166.JPG

気に入りました!
posted by 寺庵 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年09月26日

香を愉しむ会のお知らせです

10月1日(日)の香りを愉しむ会のお知らせです。
14:00〜
講師:薗川 貴子さん

来る10月4日は中秋の名月です。
中秋の名月にちなんだ月にまつわるお話と香りあそびを開催します。


名月で連想するもの―――
光さやけし月鏡(つきかがみ)
うさぎも跳ねる・・・

あなたはなにを連想しますか?

名月のお供え.jpg

posted by 寺庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2017年09月25日

和歌朗読のお知らせです

9月30日(土)の和歌朗読のお知らせです。
14:00〜 
講師:根岸 理奈子さん

今回の登場人物は女流歌人である「赤染 衛門(あかぞめえもん)」
平安中期の女流歌人で中古三十六歌仙の一人。
大江為基(おおえためもと)との恋愛を経てその従兄弟、大江匡衡(まさひら)と結婚。
藤原道長の妻、倫子(りんし)ならびにその子、上東門院彰に仕え、清少納言、和泉式部、紫式部とも交流があったといわれています。

今回も素敵な音楽にのせた朗読で平安時代の女性の気持ちにふれてみませんか?

王子紅葉橋.JPG




posted by 寺庵 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 寺子屋

2017年09月24日

お彼岸の精進料理

お中日は過ぎ、お彼岸も折り返しとなりました。
今日の精進料理は
今日の精進料理.jpg

さつまいものご飯、
青なすの揚げ出し、イトウリとキュウリの酢の物、高野豆腐の炊き合わせ、
揚げ紫芋の甘煮、奈良漬、みそ汁(蕪、わかめ、みょうが)
三菜.jpg

posted by 寺庵 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年09月23日

彼岸の中日から秋が進む

今日は昼と夜の長さが同じ中日です。
しで.jpg
明日からは少しずつ日が短くなり、
秋も少しずつ進み、
心にも秋が染みわたるのを感じます。
ねじり花.jpg
暑かった夏も恋しくなり、
虫の音も少し変わった気がします。
2りんどう.jpg
秋秋祭り、収穫の秋、紅葉狩りと
活動的に時は過ぎます。
posted by 寺庵 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 つれづれ

2017年09月22日

なす紺

なすの色はアントシアニンと言う色素により、
きれいななす紺発色します。
DSC_8103.JPG
ゆでると酸化するので、
短時間で揚げるときれいな色になります。
DSC_8106.JPG

発色のポイントは短時間で揚げることです。
写真は甘酢がけ、とても簡単な調理です。
posted by 寺庵 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理

2017年09月21日

秋彼岸におはぎ

春彼岸に作ると「ぼたもち」、
秋彼岸に作ると「おはぎ」、
季節ごとに名前を変える和菓子です。
お供え.jpg

季節を表現できる「和菓子」、
日本はとてもすてきだと思います。

今日は阿弥陀様とご先祖様、8月に亡くなった愛犬にお供えしました。
おはぎ.jpg

posted by 寺庵 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺庵 和の料理